結婚指輪は「耐久性」も大事

結婚指輪はよっぽどのことがなければ365日24時間身につけ続けるモノです。

それゆえにとにかく重要になってくるのがその「耐久性」でしょう。

女性であれば一度や二度は指輪の変形を経験したことあるはずです。

指輪って金属なので丈夫そうですが、実はちょっとしたことで変形するものなんです。

耐久性という観点から結婚指輪を選ぶ場合、

先ず最初に気にして欲しいのは「素材」について。

絶対的にオススメしたいのは「プラチナ」製の結婚指輪です。

結婚指輪の素材としては大定番ともいえるプラチナ。

白く輝く美しさも大きな魅力ですが、実は耐久性も非常に優れています。

純度が高くなるほど耐久性もアップし、同時に値段もアップします(笑)。

値段を気にしないのであれば、耐久性と美しさを兼ねそなえたプラチナは

まさに結婚指輪に最適な素材といえるでしょう。

近年人気を高めているゴールドの場合、純度が高いほど耐久性に問題があります。

ゴールドを選ぶ場合は耐久性に考慮利、合金や他素材とのコンビを選ぶと良いでしょう。

また、加工方法としては型に素材を流し込んで作る「鋳造製法」よりも、

金属に圧力をかけてリングを形作る「鍛造製法」の方が耐久性は高いのでオススメです。

世界に一つだけの結婚指輪なのに、

なんらかの理由で傷がついたり変形したりしたら大変です。

後悔先に立たずと言いますから、結婚指輪を選ぶ時にはデザインを比べるだけではなく、

耐久性という観点からも良し悪しを検討することをオススメします。

ピックアップ【どれがベスト?素材からえらぶ結婚指輪