のぼりと横断幕の違いは?

のぼりと旗の違いに続き、のぼりと横断幕の違いについて調べてみました。

形状、用途、素材に違いがあります。

どんな違いがあるのでしょうか。

・形状の違い

横断幕は、横長の布などに文字やイラストを描いて広く知らしめるためのものです。

のぼりは縦長の方一辺と上辺を竿に通したものです。

どちらも旗の一種なのですが、形が違います。

横断幕は、固定用のハトメ加工がされていて、壁やフェンスにロープで固定します。

風の強い日でもはためきにくいので、どんな状態でも文字が見やすいです。

のぼりは、専用ポールに通し、店頭などに立てかけるものです。

のぼりは風にひらひらとなびくので表裏どちらからでも文字が見えるようになっています。

・用途の違い

横断幕は壁やフェンスに固定するので、スポーツの応援をはじめ、スーパーのセールの告知、庁舎などの壁に標語を掲示するなどの用途があります。

のぼりは飲食店、コンビニ、ガソリンスタンドなどの店頭に並べられることが多いです。

交通安全の啓発などにも使われていますね。

また、相撲巡業や劇場でもよく見かけます。

・素材の違い

横断幕はずっと屋外に掲示したままのものならターポリン、主に屋内で使うのであればトロマットで作られます。

ターポリンは防炎、防水効果のある塩化ビニール製で、ポリエステル製がトロマットです。

一方、のぼりで使われるのはテトロンポンジが主流となっています。

それぞれの違いを理解し、適切な場所に適切なものを設置するようにしましょう。