石付きの結婚指輪も人気

昔から結婚指輪というとシンプルなデザインが主流で、

それこそ何の飾り気のない丸いだけのリングも一般的なほど。

しかし近年では徐々に特徴的なデザインの結婚指輪も増えており、

とくにダイヤなどの石を入れた結婚指輪の人気が高まっているようです。

結婚指輪にダイヤを付ける場合は婚約指輪のような立て爪ではなく、

ダイヤを一粒だけリングの中に埋め込むスタイルが主流です。

毎日身につける結婚指輪、ふと自分の指を見てみると、

指輪の中でキラリと輝く小さなダイヤモンド、確かにちょっとうれしいかも。

結婚指輪は二人にとって大切な記念品ですから、

出来ることなら他の人とかぶるような事がないようにしたいもの。

そういった意味でもこういったデザイン性の高い結婚指輪は人気があるようです。

しかし、石入りの結婚指輪にはちょっと困ったポイントもあります。

例えば、普段の生活でタオルやセーターなどが引っかかることもありますし、

赤ちゃんを抱っこするときお肌に傷をつけることもあるかもしれません。

それゆえ石付きの結婚指輪を選ぶ時には、

なるべく引っかかりのないものを選ぶことが大切でしょう。

また、場合によっては石がポロリと取れてしまうこともあり得ます。

そんな場合は購入店で修理してもらえば何の問題もないのですが、

こういった不測の事態もあり得るということを事前には知っておくべきでしょう。

結婚指輪というととにかくシンプルなものが好まれがちですが、

選び様によっては石入りのデザインされた結婚指輪でも何も問題ないはずです。

十分に考えて自分にぴったりの結婚指輪を選ぶようにしましょうね。