オススメの結婚指輪の素材は?

結婚指輪に用いられる素材には色々な種類があります。

もっともポピュラーな素材はごぞんじ「プラチナ」で、

最大の特徴はとにかく頑丈で変形やキズに強い点でしょう。

なんせ結婚指輪は四六時中身につけ続けるものですから、

ちょっとやそっとのことでは変形しないことが肝心です。

そういった意味ではプラチナはもっとも結婚指輪に適した素材と言えます。

またプラチナは金属アレルギーを起こすこともすくなく、

体質的に金属に弱いという方でも比較的安心して身に付けることができます。

さらにプラチナ特有の真っ白い輝きは変色もしにくい上に、

日本人の肌の色ともよくマッチするのが特徴です。

プラチナによく似た素材としてシルバーがありますが、

こちらは変色もしやすく、また柔らかいので変形もしやすく、

値段が安いものの正直結婚指輪の素材としては不向きといえるでしょう。

その後のメンテのことを考えるとむしろ他の素材よりも割高になることもあり得ます。

近年はプラチナに負けじとゴールドの人気も高まっています。

いわゆる昔ながらのイエローゴールドではなく、

ホワイトゴールドやピンクゴールド等が人気のようです。

なにも結婚指輪=プラチナと決めつける必要はありません。

実際に身につけてみて、自分の肌にあった素材を選ぶのもよいでしょう。

但しその際は、素材のみならず、デザイン、強度、アレルギーの有無など、

様々な観点から比較検討してベストのものを選ぶようにしましょうね。